博物花屋マニエラより花と花にまつわるエトセトラをお届けします。

 

http://www.maniera.jp/fs/maniera/c/grK

<<指でぷちっと割ってみたい〔瑠那〕  | ホーム | シャンプージンジャー〔瑠那〕>>

スポンサーサイト 

--.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<<指でぷちっと割ってみたい〔瑠那〕  | ホーム | シャンプージンジャー〔瑠那〕>>

ローズマリー[木野] 

2010.08.26

古代から人々に愛されてきたハーブ、ローズマリー。
rosemary.jpg

ちぎった葉を肉や魚のロースト料理に使っていただけます。
料理だけではなく、スキンケアや、リウマチ痛などの改善、
集中力の回復など、美容・健康にも役立ちます。

14世紀のハンガリー王妃エルジェーベトは、
ローズマリーとライムの薬効成分を抽出した
「ハンガリア水」を使って若さを保っていたそうです。

ハンガリア水の効能を証明するエピソードが残っています。
隣国のポーランドの王子がエルジェーベトの宮殿を訪れた時のこと、
25歳の若き王子はエルジェーベトに一目ぼれしてその場で求婚しました。

その時、エルジェーベトはなんと73歳。
年の差、約半世紀を埋めるローズマリー、只者じゃない。

Erzsebet.jpg
エルジェーベト「永遠の若さがほしいあなたにおすすめです」


また、ローズマリーはその香りが死体を永く保存すると信じられており、
安らかな眠りを祈って死者に捧げられる植物でもありました。

近年でも、アイルランド出身の劇作家バーナード・ショウが
「ローズマリーを棺に入れてくれ」と遺言を残し、
彼の告別式には大勢の人からたくさんのローズマリーが贈られたそうです。

shaw.jpg
バーナード・ショウ「もうすぐ棺に入るつもりのあなたにもおすすめです」

ブラックなオチですみません。
お叱りのクリックをお願いします。→ にほんブログ村 花ブログへ

<<指でぷちっと割ってみたい〔瑠那〕  | ホーム | シャンプージンジャー〔瑠那〕>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://manierafiorista.blog67.fc2.com/tb.php/132-5e1273b4

 | HOME | 

プロフィール

Bauletto Inc. マニエラ花店

Author:Bauletto Inc. マニエラ花店

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR